ブログ
バレエのホーム
お問い合わせ
13802019993
QQ
785272023
ニュース  
ホーム > ニュース
春のバレエ——大阪駅
[2018-03-16]

中日国交40周年に際して、舞踊芸術の国際的発展、そして中日青少年の友好交流のため、北京天予適芸国際文化発展有限公司と日本ベレエ学会は手を結んで舞踊芸術を紐として中日舞踊を交流する舞台を築いた。

それは、中日両国の青少年が大阪の春風に乗って、舞踊という橋で友情を交わし、青春を踊る夢の舞台であった。

 

(舞台編)これはただの旅行ではなく、もっと現実的な意義を持つ勉強になる旅である。国際的な舞台に立つ皆さんは最も純粋な笑顔と心で、芸術の魅力や美を感受することができた。

 









(授業編)修養を積むため、バレエは日本の青少年の必要授業として修められている。拘ったポーズ、髪飾り、メークなどで精密や純粋な品質を表れる。どうやって一つの物事に心を込めるのか、どうやって好きな事に接するのか、どうやって効率的にものを勉強するのか、授業から舞台まで、さまざまな交流活動によって心に刻む。共に演出することや、日本語と英語とフランス語(バレエ通用言語)で授業を受けることに通じて、皆さんの負け嫌い根性や勉強する意欲を励出した。

 













(教員編)中国の知名なバレエレッスンからもエリート教師が参加された。フェースTOフェースで日本の世界にも有名なバレエ先生の授業を受け、バレエ芸術の未来性や教育動向をめぐって互いに心得を交わした。そのような交流はbバレエ芸術の発展に役立つだけではなく、2018年7月に大阪で行われるバレエ大会のプレリュードにもなった。

 



(応援編)芸術的交流のほか、感情的感動も多い。ボランティアとして、日本ダンス学校から学生の家族が手助けをし、可愛いお姉さんたちもバレエの専用メークを手伝う。そして歓声と笑顔の中で、友情が芽生えた。








(生活編)様々な芸術交流のほか、中国の皆さんは日本の風土も味わった。大阪城、ラーメン博物館、奈良公園、どちらにも笑い声と喜び姿が残されている。青少年の国際的交流の目的は未知なる世界を経験した上で心を成長させる。「知らない場所へ行く前に工夫して調べて準備するのは、すでに勉強そのものだ」。今回参加した学生の中で最年少は5歳で、最も大きいのもただ12歳。親なしのこの旅で、皆さんは数多くの「はじめて」を体験し、お互いの付き合いや助け合うことによって、体も心も鍛えられた。

 このような活動によって、皆さんは教科書に載ってない新たな世界を見つけた。そして自分の目や耳や心でその世界を見、聞き、感じることができた。舞踊芸術もその感性とともに深い絆になって、さらなる価値を持つようになった。

 












(授賞編)活動は中日両国の青少年の皆さんに世界的舞台を提供し、成長の中で青春のより多くの可能性を見つけさせることを目指している。今回の交流活動によっての成長を心より祈っております。青少年の一歩の成長も世界への美しい贈り物だから。








北京日言語適切な意味国際文化開発株式会社
Copyright 2010 © tianyushiyi.com. All Rights Reserved 京ICP备10040368号